Coast Mountain Life

coastmt.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:Gear( 9 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 FREITAG semスキン用のアイコン02

  

2009年 08月 29日

この夏、頑張った(まだ頑張っている)ので、自分にご褒美を買いました。
f0087787_62332.jpg
f0087787_621048.jpg

ユーズドのトラックの幌やシートベルトなどをリユースして、デザインは世界に二つと同じものが存在しないというスイスのブランドであるFREITAGのメッセンジャーバッグです。これは「SURFSIDE 6」というシリーズで少しこじんまりとしたタイプ。MacBookと書類や手帳などを入れるにはちょうどいい大きさです。

素材がPVCなので防水だし、いつもラフに使ってしまうぼくにはちょうどいいです。


調べたら神奈川県内では鎌倉に一店舗しか取扱店が見当たりませんでした。そこで、石垣島で友達がやっているmahinameleだったら品揃えが豊富なので、店舗にある在庫の写真を送ってもらって決めました。

なんだか石垣島から並行輸入をした気分です。


嬉しくてしばらくはトイレに行くときも背負って行っちゃいます!
[PR]

by coastmountain | 2009-08-29 06:15 | Gear

semスキン用のアイコン01 マムート semスキン用のアイコン02

  

2009年 01月 30日

f0087787_1912330.jpg

マムートの09-10ウインター展示会を見てきました

ウェアからクライミングギアやアバランチギアまでアイテムが充実していてマムートだけでスキーやボードを除いた一通りの山遊びができるほどです

ぼくはスラックラインキットが欲しくなりました
マムートからフルサポートを受けているニセコのターナーが上京

一緒にいろいろ見てまわったけど展示会は楽しいね
[PR]

by coastmountain | 2009-01-30 19:01 | Gear

semスキン用のアイコン01 08-09秋冬展示会 semスキン用のアイコン02

  

2008年 02月 21日

浜松町で行なわれた登山用品の来期の展示会に行ってきました。

ウェアを提供していただいているホグロフスはウェアのニューカラーとミッドレイヤーなどのマイナーチェンジなどより充実をしているようです。
f0087787_1655864.jpg
バックパックは、僕がここ数年愛用しているランドが大きくモデルチェンジ!使い勝手が良くなっていていたので、今から楽しみです!
f0087787_1661028.jpg
同じ会場でブラックダイヤモンドなどのロストアローやオルトボックスのマジックマウンテン、MSRのモチヅキ、沢登り用品でアップカマーのファイントラックなど、午前中から終了の5時まで目いっぱい見てきましたが、見るものが多くてとても忙しかった。もう少しゆっくりと見たかったなぁ。
f0087787_167093.jpg
そして、場所を移して横浜みなとみらいにあるパシフィコ横浜で行なわれていたスノーボードショーのSBJとサーフのインタースタイルを見てきました。

静かな雰囲気の登山用品の展示会に比べ、さすが横ノリです。あまりの差にちょっとしたカルチャーショックでした。

まず、そこにいる人たちの雰囲気が違いすぎる!会場の音や雰囲気が違いすぎる!ブースを出していた友達からするといつもよりちょっと静かだったようですが、はじめてきたので僕はたまげました。個人的にはこういう雰囲気大好きです。

スケートパークで遊んでいた6,7歳のガキンチョたち・・はんぱじゃねぇ。ピストを乗り回しているチョイ悪風(多分マジ悪)の大人たちやアメリカの空気がプンプンのブースなど、見ていて楽しくて仕方がありませんでした。
f0087787_166225.jpg
VONZIPPER

シティーユースでめちゃめちゃ人気があります。当然山でもグッド!
f0087787_1663463.jpg
2種類のニューモデルが出ていました。 
f0087787_1671194.jpg
カラーは80'sなポップ系と蛍光色。スノーの横ノリは全体に80'Sですね。ニューモデルかなりカッコよかったです!
f0087787_1664873.jpg
ヴェクターグライドのスノーボードは軽量化とニューカラーでよりシブくなりました。
f0087787_1672180.jpg
そして!何よりも興味を引いたのがこれ!

エンジンを使ったトーイングマシーン

さすがアメリカ人。発想が面白い!

これを使えば約300mのトーイングフリーランができるわけです!スノーに限らず海でもウェイクに頼らずフリーラン。スピードは時速約45kmくらいでるそうで、遊ぶには十分すぎるくらいです。

あ~、いろいろできちゃうよ~。予算に余裕が出来たら買っちゃうか~・・40万円なり。

う~ん、遊びのクリエイトは尽きません・・・
[PR]

by coastmountain | 2008-02-21 16:13 | Gear

semスキン用のアイコン01 この冬のレイアリング semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 04日

08スノーシーズンのレイアリングです。

まずはアンダーウェアから
f0087787_1128228.jpg
ロングスリーブシャツ、ホグロフス031(左)、同じく021(右)、同じくタイツ031

031は「温かかったらいいなぁ」と思うところだけに小さなスクエア状の起毛素材が施してあり、そのほかの部分はさらさらドライをキープできるようになっています。
僕は今まで同社の「LIM」というシリーズを好んで使っていましたが、それの後継版に当たるものと考えられます。LIM以上に軽量でリブの部分がより下着っぽくなっています。

021は暖かい日や春のセカンドスキンとして活かせそうです。

両者とも夏山にも使えそうなので、一年中手放せなくなりそうです。
f0087787_11281878.jpg
これは今シーズン筋斗雲のスタッフがモニターをする「X-BIONIC(エックスバイオニック)」というハイテクアンダーウェアです。

肌に直接着ないと効果のないものだと思いますが、基本構造は「保温」です。体の部位によってそれぞれ繊維の織り方やステッチをあわせてあります。
人間の体は汗をかきやすい部分とそうでない部分とがあります。また、汗を吸収した下着は水分を拡散してどんどん乾くようになっていますが、そのときに生じる気化熱で体温が奪われないように多汗部には特殊なマチがついていて、保温をしながら水分を飛ばすように設計されています。

体温が大きく変化すると体のサーモセンサーが機能して出来るだけ一定に保とうとします。それにはエネルギーを必要とするわけで、汗を掻くほど疲れたり、寒いところに行くと脂肪を燃やすなど、体は頑張っているのです。下着が体温を一定に保持してくれることによって疲れにくくなるというわけです。
f0087787_11283156.jpg

これはX-SOCKSシリーズです。僕は使い始めて5シーズン目となりますが、もうこれ以外は履けなくなってしまいました。

カーヴィングウルトラライト(左)は少し薄めのゲレンデ使用です。きっちり滑りたいときはこの薄手がオススメです。スキーイングライト(中)は、バックカントリーに適した保温と快適性に優れたものです。スノーボーダー用のものも出ていますが、ボーダーもスキーイングライトを好んでいる人が多いようです。スキーアドレナリン(右)は、金属繊維のシルバーをふんだんに織り込んだもので、保温と防臭効果が高いものです。

これらXシリーズは、購入後に登録をすれば、2年の補償付です。不具合が出たらそれを送ってくれと書いてあります。ただし、”洗濯済みのもの”と表記してありました。
f0087787_11284781.jpg

アウターです。
ジャケットは、ホグロフスの「CRUX JKT」です。
GORE-TEX PRO SHELL 3-LAYERという最新のレイヤーが採用されています。同社のヘリウムJKTを2シーズン使用しましたが、より軽量で透湿性がさらに優れているようです。これだけ軽くなると着ていてもまったく邪魔に感じません。

パンツは、同じくホグロフスの「COULOIR PANT」です。
初めてソフトシェルのパンツを使用してみます。これにはGORE-TEX SOFT SHELL 3LAYERが採用されているのですが、従来のソフトシェルよりも防水性が高いようです。内側に起毛素材が貼り付けてあるので、保温効果が高そうです。でも、僕は暑がりなので春は昨シーズン使用したハードシェルパンツの「ARGON PANT」が再登場するかもしれません。

ミッドレイヤーの紹介がありませんが、僕は極度の暑がりで、ときどき12月でもTシャツで街をウロウロしてしまい嫁に「恥ずかしいから洋服を着て!」と叱られるほどです。それでも、バックパックにはホグロフスの「シャークフィンJKT」というウィンドストッパーのソフトシェルを入れておいて、ハイクのときや寒いときのミッドレイヤーとして使っています。ウィンドストッパーのミッドレイヤーはアウターとしても使えるので、とても重宝です。一枚持っているとかなり便利です!
f0087787_1129110.jpg

防寒着は、ホグロフスの「NUBE Ⅱ JKT」です。
雪山のキャンプツアーが増えたこともあり、インサレーション入りの防寒着は必需品です。これは800フィルパワーという高品質のダウンジャケットです。撥水処理が施してあるので、キャンプのときのアウターとして大活躍しそうです。
f0087787_11291389.jpg
グローブです。
すべてヘストラです。左から3721ウィンドストッパーアクティブ、3191OMNI FULLLEATHER、3087 3-FINGER FULLLEATHERです。

ウィンドストッパーは薄手なので、滑りからハイク、またその逆のときなど準備をするときにグローブのわずらわしさがなく、軍手感覚で作業が出来ます。ぼくは、シーズンのほとんどをこのグローブで通しています。

5本指のOMNIはGORE-TEXを使用しているのと短い丈がコンパクトにまとまり使い勝手はいいと思います。ちょっと寒い日に使っています。

3本指は、より寒い日に使います。インナーのフリースは5本指で、取り外して洗濯も可能です。スノーボーダーにはオススメです!

レザーの質感がとてもよいのがヘストラグローブの特徴です。専用のオイルをマメに塗ると長持ちしますよ!
f0087787_1129241.jpg
アイウェアです。今期で3シーズン目の使用となる「VON ZIPPER」のものです。

ゴーグルは「FEENOM」です。球面レンズでとても視界が広いです。以前はS社のゴーグルを好んで6~7シーズン使っていましたが、滑り出したときにコンタクトレンズが乾いてはがれてしまうことがよくありましたが、VONZIPPERは、パッドが僕に合っているようで、そういうことが一度もおきていません。

イメージがかなり尖がっているので、バックカントリーシーンではあまり見かけませんが、とてもいいゴーグルです。オススメ!

後ろのゴーグルは、この世に出ていない「スネークスキン」です。ボタンでストラップを固定するので、転んだらどっかに行ってしまいそうですが、かっこいいのでバックカントリーでもガンガン使っちゃいます!

雪や初すべりの便りがあちこちから聞こえてきていますが、もう12月!そろそろ本気で始動ですね!

08シーズンも怪我や事故のないよいシーズンになりますように~!!
[PR]

by coastmountain | 2007-12-04 11:29 | Gear

semスキン用のアイコン01 クライミングシューズ semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 03日

f0087787_13191795.jpg
クライミングシューズを新調しました。

春に愛用していたクライミングシューズをチョークバッグとともに紛失。それからはずっと借り物で登ってました。

今回買ったのは5.10の「Moccasym」 。セカンドシューズとして使用されることが多いみたいですが、僕は以前よりスリッパが欲しかったので買ってみました。本当は編み上げの方がフィットしていいのだと思いますが、これからジムに通ってみようかなと思ったので、楽ちんなスリッパにしてみました。

僕はフリークライミングはあんまり一生懸命やったことがないので、上手ではありませんが、ちょっとトレーニングにいいかなと思って。最近はクライミングジムが人気が高くて混雑してるなんて話も聞きます。ここはいっちょうまい人たちの技を盗んでバリバリ登っちゃうかな!

ところで、また台風が来てますね。今回は台風9号「フィートウ」。花の名前だそうです。今回の名づけはミクロネシアだそうです。

ただいま巨大化しながら日本列島に近づいてます。湘南にも本日よりうねりが届き始めました。またまた、フィーバーしちゃうのかな。

今夜から福島へサーフキャンプに行ってきます!あんまり大きかったら意地でもサーフィンしません!だって、こわいも~ん
[PR]

by coastmountain | 2007-09-03 13:32 | Gear

semスキン用のアイコン01 スキーチューンナップ semスキン用のアイコン02

  

2006年 12月 18日

カリッカリのバーンを滑ったらエッジが全く引っかからず、まるでスキーにならなかったので、反省してチューンナップのプロショップへ泣きついた。改めてみてスキーの状態の悪にさ気づいてしまった(遅すぎ・・)

f0087787_1333419.jpg僕は実家の近所にあるチューンナップショップ「BE-IN高崎」でいつもお世話になっている。代表の新井さんは、いつも親切丁寧にいい仕事をしてくれるので安心。また、ホットワックスでなくローラーによるワックスがけで板にもやさしく、細かいリクエストにもしっかり答えてくれる。信頼できるお店。


お店に馬鹿に派手なスキー(ZACのファットスキーが2本)があるなと思ったら、東大山岳スキー部コーチでありハードコア人体実験で知られる新井祐己さんのスキーがきれいに仕上がっておいてあった。

上越方面に滑りに行かれる方は、帰りにでも寄ってみてください。

f0087787_13325288.jpg■ BE-IN高崎
群馬県高崎市問屋町西2丁目4-17
TEL&FAX:027-364-3800
代表:新井光夫
営業時間:AM10:00~PM6:00
アクセス:関越自動車道前橋I.Cより国道17号線を高崎方面へ約10分。ドンキホーテと同じ建物です。
[PR]

by coastmountain | 2006-12-18 13:33 | Gear

semスキン用のアイコン01 マッドでやった感 semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 22日

富士の樹海をバイクライドしてきたけど、ぼくにはちょうどいいトレイルでテクニカルな場所もなく「イケイケ~!」みたいな乗りでガンガン飛ばせてナッカラ楽しかった!

途中で深さ10cmくらいの泥にはまり、シューズもバイクもぐちゃぐちゃ。足にもウェアにも泥が跳ねて、もうなんでもいいや~!となるとさらに楽しい!!

泥だらけになればなるほど、充実感たっぷりなのでした。ぐふふ
f0087787_16265737.jpg

[PR]

by coastmountain | 2006-09-22 16:27 | Gear

semスキン用のアイコン01 X-アンダーウェア レポートその1 semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 04日

台風12号のうねりがどのくらい入ってきているのかなぁなんて思いながら、茅ヶ崎パークでサーフィンしてきました。実に3週間ぶり。天気がよくてまだまだトランクス1枚でOK。月曜日なのにやたら混んでたなぁ。

さて、前回紹介したハイテクアンダーウェアのテストのレポートです。

沢登りでの使用はあまりデータがないらしく、水に濡れたままどの程度機能するのか、運動に支障はないのかなどにポイントをおいてテストしてみました。

結果から言うと、保温性は十分にありました。

水温17度くらいの沢の中で約3時間の行動、すねから下は常に水に浸かっている状態でした。気温は23度くらい。比較的温かい日ではあったもののタイツの保温性は抜群だったと思います。また、今回はGORE-TEXのジャケットを着ていたのですが、袖口から進入する水によって前腕はときどき濡れていました。すると、若干気化熱等により感じる冷えがありましたが、それは前腕部のみ。

そして背中。背中は水に入る前は少し暑いくらいで汗をかいてちょっとムズムズ。ただ、水に入ってからはボディコアの冷えを全く感じず快適でした。

沢登りは上半身もフルに使う全身運動ですが、ストップしていることも多く停止状態での体の冷えが一番気になります。でも、背中と下半身が温かかったので寒いと感じるときが特にありませんでした。

今回は最高の天気で沢登り日和だったこともあり快適でしたが、気温が下がった日と比べてみたいと思います。
[PR]

by coastmountain | 2006-09-04 11:23 | Gear

semスキン用のアイコン01 ハイテクアンダーウェア semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 01日

僕が以前からサポートをしていただいているX-SOCKSは、靴下だけでなくアンダーウェアの開発も行っている。今回テストでいただいてきたのがそれ。
f0087787_9214585.jpgこれは、汗のかきやすい部分や体が温度を敏感に感じやすい部分、たとえばマフラーを巻くとそれだけで温かくなるような感覚の部分に特殊な加工をして、人間が本来持っているサーモ機能を損なうことなく、かつ汗が蒸発するときの気化熱で体を冷やすことがないように設計されているらしい。

最近は各メーカーから体の機能を高めるようにマッサージ効果やテーピング効果のあるタイツなどが出ているが、それとはまた別の視点でサーモ機能というところにポイントをおいているものなのだ。

靴下ではすでに3シーズン使用してこれしか履きたくないと思ってしまっているので、今回のアンダーウェアテストが楽しみ!でも、一枚だけなので、洗う時間あるかなぁ。

テストのフィードバックはこちらでも紹介したいと思います。
[PR]

by coastmountain | 2006-09-01 09:31 | Gear